制御ソフトウェア研究室

2017年度メンバー業績

  1. Kazuhiro KIKUMA, Takeshi YAMADA, Kiyoshi UEDA, and Akira FUKUDA, ”Automatic Test Case Generation Method for Large Scale Communication Node Software,” Lecture Notes on Data Engineering and Communications Technologies, Vol. 17, Springer, the 6th International Conference on EIDWT2018, pp.492-503, Mar. 2018.
  2. 鈴木 涼子,上田 清志, ”高可用分散クラスタにおける高信頼仮想ノード配置法,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 117, no. 459, NS2017-173, pp.33-36, Mar. 2018.
  3. 小野 智央,上田 清志, ”高可用分散クラスタにおけるデータ冗長性動的制御手法,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 117, no. 459, NS2017-183, pp.91-96, Mar. 2018.
  4. 荒川 博樹,上田 清志, ”高可用分散クラスタにおける保守シナリオを用いたシステム管理ソフトウェア部品の自動生成,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 117, no. 459, NS2017-184, pp.97-102, Mar. 2018.
  5. 矢田 貴洋, 上田 清志, ”高可用分散クラスタにおけるネットワーク効率を考慮したVM配置方式,” 情報処理学会東北支部研究会, Feb. 2018.
  6. 古屋 翔大, 上田 清志, ”高可用分散クラスタを用いたデータ管理における負荷分散方式,” 情報処理学会東北支部研究会, Feb. 2018.
  7. 小野 智央, 上田 清志, ”高可用分散クラスタにおける冗長性動的制御手法,” 情報処理学会東北支部研究会, Feb. 2018.
  8. 矢田 貴洋, 上田 清志, ”高可用分散クラスタにおける通信帯域の分散を考慮したVM配置方式,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 117, no. 385, NS2017-162, pp. 105-110, Jan. 2018.
  9. 古屋 翔大, 上田 清志, ”高可用分散クラスタを用いたデータ管理における負荷分散方式,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 117, no. 385, NS2017-161, pp. 99-104, Jan. 2018.
  10. 佐藤 孝樹,飯野 圭太朗,中村 義和,菊間 一宏,上田 清志, ”要求仕様の自動構造化による試験項目自動生成,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 117, no. 385, NS2017-158, pp.81-86, Jan. 2018.
  11. 飯野 圭太朗,佐藤 孝樹,中村 義和,菊間 一宏, 上田 清志,”大規模通信ソフトウェアにおける準正常系試験項目の自動生成,” 第15回ネットワークソフトウェア研究会, Jan. 2018.
  12. Takahiro YADA and Kiyoshi UEDA, ”VM Placement Control Considering Network Bandwidth for High Availability Distributed Clusters,” Proc. of the 23rd APCC, IEEE, pp.676-681, Dec. 2017.http://http://http://ieeexplore.ieee.org/document/8303969/<
  13. Shota FURUYA and Kiyoshi UEDA, ”Load Balancing Method for Data Management using High Availability Distributed Clusters,” Proc. of the 23rd APCC, IEEE, pp.708-713, Dec. 2017.http://http://ieeexplore.ieee.org/document/8303970/
  14. 菅野 裕太,上田 清志, ”スマートメーターネットワークとMANETの相互通信プロトコルの提案,” 第60回日本大学工学部学術研究報告会, pp.71-74, Dec. 2017.
  15. 小野 智央,上田 清志, ”高可用分散クラスタにおけるデータ冗長性動的制御手法,” 第60回日本大学工学部学術研究報告会, pp.67-70, Dec. 2017.
  16. 荒川 博樹,上田 清志, ”高可用分散クラスタにおける保守シナリオを用いたシステム管理ソフトウエア部品の自動生成,” 第60回日本大学工学部学術研究報告会, pp.63-66, Dec. 2017.
  17. 上田 清志, ”[招待講演]つなぎ続ける高信頼ネットワークの技術,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 117, no. 89 IN2017-15, pp.33-36, Jun. 2017.
  18. 菊間 一宏, 上田 清志, 岩田 哲弥, 福田 晃, ”物理ネットワークセッション制御機能を利用したP2Pネットワーク制御,” 電子情報通信学会論文誌 B, Vol.J100-B, No.5, pp.394-410, May 2017.

メンバー業績トップへ戻る