制御ソフトウェア研究室

2016年度メンバー業績

  1. 荒川 博樹, 上田 清志, ”高可用分散クラスタの管理情報モデルと通信ソフトの自動生成,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集, B-6-45, pp.45, Mar. 2017.
  2. 菅野 裕太, 上田 清志, 三好匠, ”スマートメーターネットワークによる地域サービス提供基盤,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集, B-6-1, pp.1, Mar. 2017.
  3. 内田 悠太, 三好 匠, 上田 清志, ”スマートメーターネットワークにおける住所の基づいたデータ配信サービス,” 電子情報通信学会総合大会講演論文集, B-6-2, pp.2, Mar. 2017.
  4. 矢田 貴洋, 上田 清志, ”高可用分散クラスタにおける通信帯域を考慮したVM配置制御,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 116, no. 484, NS2016-180, pp. 131-136, Mar. 2017.
  5. 小野 智央, 上田 清志, ”高可用分散クラスタにおける故障検出・監視方式,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 116, no. 484, NS2016-181, pp. 137-142, Mar. 2017.
  6. 古屋 翔大, 上田 清志, ”高可用分散クラスタを用いたデータ管理における負荷分散方式,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 116, no. 484, NS2016-186, pp. 163-168, Mar. 2017.
  7. 長瀬 克成, 上田 清志, ”極小サーバを含む高可用クラスタにおける仮想ノード構成法,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 116, no. 484, NS2016-187, pp. 169-174, Mar. 2017.
  8. 上田 清志, 三好 匠, 高橋 庸祐, “アドレスID変換システム及びアドレスID変換方法,” 特願2017-023003, 2017年2月10日出願.
  9. 上田 清志,長瀬 克成,古屋 翔大,小野 智央,角野 安音, ”[依頼講演]高可用サーバクラスタ制御基盤ソフトウェアのJavaによる簡易実装,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 116, no. 428 NS2016-145, pp.23-38, Jan. 2017.
  10. 郡司 寛之,廣澤 孝,篠田 貴彦,菊間 一宏,上田 清志, ”大規模通信ソフトウェア開発における試験項目自動作成,” 電子情報通信学会技術研究報告, vol. 116, no. 428, NS2016-146, pp.29-34, Jan. 2017.
  11. 廣澤 孝,郡司 寛之,上田 清志,篠田 貴彦,菊間 一宏, ”ソフトウェア開発効率化手法における要求仕様書の自動構造化,” 第12回ネットワークソフトウェア研究会, pp.33, Jan. 2017.
  12. 長瀬 克成,上田 清志, ”極小サーバを含む高可用クラスタにおける仮想ノード構成法の分散性評価,” 第59回日本大学工学部学術研究報告会, pp.41-44, Dec. 2016.
  13. 行方 護,上田 清志, ”高可用サーバクラスタにおける多様なサーバ性能と信頼性を考慮したVM配置制御,” 第59回日本大学工学部学術研究報告会, pp.45-48, Dec. 2016.
  14. 矢田 貴洋,上田 清志, ”高可用分散クラスタにおける通信帯域を考慮したVM配置制御,” 第59回日本大学工学部学術研究報告会, pp.49-52, Dec. 2016.
  15. 古屋 翔太,上田 清志, ”分散処理基盤を用いたアプリケーションのデータ管理における負荷平準化方式,” 第59回日本大学工学部学術研究報告会, pp.53-56, Dec. 2016.
  16. 上田 清志, 三好 匠, 高橋 庸祐, “通信システム,” 特願2016-222977, 2016年11月16日出願.
  17. 篠田 貴彦,郡司 寛之,上田 清志,菊間 一宏, ”大規模ソフトウェア開発における上流工程の自動化検討-仕様書構造化・試験項目自動抽出に向けたガイドライン評価-,” 電子情報通信学会ソサイエティ大会講演論文集, B-6-4, pp.4, Sept. 2016.
  18. 菊間 一宏,篠田 貴彦,郡司 寛之,上田 清志, ”大規模通信ソフト開発における要求仕様書からの試験項目作成自動化に関する検討,” 第11回ネットワークソフトウェア研究会, Oct. 2016.
  19. 土屋佑典, 見越大樹, 上田清志, 竹中豊文, “仮想ネットワーク割当におけるノード割当候補を用いた棄却率改善,” 電子情報通信学会論文誌 B, Vol.J99-B, no.5, pp.390-396, May. 2016.

メンバー業績トップへ戻る